名前

afpd — Apple Filing Protocol デーモン

概要

afpd [-d] [-F configfile]

afpd -v | -V | -h

説明

afpdはUnixファイルシステムにApple Filing Protocol (AFP)インターフェースを提供する。これは通常、netatalk(8)によってブート時に起動される。

afpdはファイルサーバの挙動と設定を決めるために@pkgconfdir@/afp.confを利用する。

オプション

-d

デーモンがフォークしないことを指定する。

-v

バージョン情報を表示してから終了する。

-V

詳細情報を表示してから終了する。

-h

ヘルプを表示してから終了する。

-F configfile

利用する設定ファイルを指定する。 (デフォルトは@pkgconfdir@/afp.conf )

シグナル

最終手段を除いて、ユーザのafpdをシャットダウンするためにSIGKILL (-9)を使うのは推奨しない。なぜなら、CNIDデータベースが矛盾したままになるかもしれないからである。afpdを終了する安全な方法は、SIGTERM (-15)シグナルを送ってそれ自身が停止するのを待つことである。

メインのafpdプロセスにSIGTERMやSIGUSR1を送れば子プロセスに伝わるので、全部に作用するだろう。

SIGTERM

きれいに終了する。マスタプロセスから子プロセスに伝わる。

SIGQUIT

マスタafpdにこれを送ると全ての子プロセスを終了する。休止時間なしでAFPサービスを実施するのに使われる。

SIGHUP

afpdにSIGHUPを送ると設定ファイルを再読み込みする。

SIGINT

子プロセスのafpdSIGINTを送ると、このプロセスのmax_debugログを有効にします。ログは/tmp/afpd.PID.XXXXXXに送られます。更にSIGINTを送ると元のログ設定に戻ります。

SIGUSR1

afpdプロセスはクライアントに「The server is going down for maintenance.」というメッセージを送り、5分後に自身を終了します。新規接続を許しません。子プロセスのafpdにこれを送った場合、他の子プロセスには影響しません。それでもメインプロセスは終了するだろうし、全ての新規接続は無効になります。

SIGUSR2

afpdプロセスはビルド時に設定したメッセージディレクトリの下のmessage.pidという名前のファイルを探します。発見したプロセスについて、その内容をメッセージとして対応するAFPクライアントに送ります。メッセージを送った後にファイルは削除されます。このシグナルは子プロセスのafpdにのみ送るべきです。

ファイル

@pkgconfdir@/afp.conf

afpdが使う設定ファイル

@localstatedir@/netatalk/afp_signature.conf

サーバシグネチャのリスト

@localstatedir@/netatalk/afp_voluuid.conf

Time MachineボリュームのUUIDのリスト

@pkgconfdir@/extmap.conf

ファイル名拡張子マッピング

@pkgconfdir@/msg/message.pid

ユーザへ送るメッセージの内容。

参照

netatalk(8), hosts_access(5), afp.conf(5), afp_signature.conf(5), afp_voluuid.conf(5), extmap.conf(5), dbd(1).