名前

afppasswd — netatalkパスワード保守ユーティリティ

概要

afppasswd [-acfn] [ -p passwd file ] [ -u minimum uid ]

説明

afppasswdは、uams_randnum.so UAMで使うために、netatalkが作るafppasswdファイルを保守する。(このUAMは"Randnum exchange"と"2-Way Randnum exchange"ユーザ認証モジュールを提供する)

afppasswdは、rootがパラメータ付きで呼び出すことも、ローカルシステムのユーザが自分のAFPパスワードを変更するためにパラメータなしで呼び出すこともできる。

注記

このユーティリティでは、あなたは特定の2つのUAMが利用するパスワードを変更できるにすぎない。これらは弱いパスワード暗号化を提供するだけなので、より安全な"DHCAST128"と"DHX2" UAMを代わりに使えないような極めて古いAFPクライアントをサポートしなければならない場合を除いて、"Randnum exchange"と"2-Way Randnum exchange" UAMの利用は廃止すべきである。Netatalkドキュメントの認証の章で比較してください。

ローカルユーザが自分のパスワードを変更する:

example% afppasswd
Enter NEW AFP password: (非表示)
Enter NEW AFP password again: (非表示)
afppasswd: updated password.

オプション

-a

afppasswdファイルに新しいユーザを追加する。

-c

afppasswdファイルまたは特定ユーザを作成する。(さらに/または)初期化する。

-f

現在の動作を強制する。

-p path

afppasswdファイルのパス。

-n

もしcracklibサポートがnetatalkに組み込まれており、cracklib辞書に対して実行されたパスワードを持つことをスーパユーザが望まないなら、このオプションはcracklibチェックを無効にできるだろう。

-u minimum uid

これは、afppasswdがユーザを作成するときに使う最小のユーザid (uid)である。

参照

afpd(8), afp.conf(5).