名前

apple_dump — AppleSingle/AppleDoubleフォーマットのデータをダンプする

概要

apple_dump [ -a ] [ FILE | DIR ]

apple_dump -e FILE | DIR

apple_dump -f [FILE]

apple_dump -d [FILE]

apple_dump -h | -help | --help

apple_dump -v | -version | --version

説明

apple_dumpはAppleSingle/AppleDoubleフォーマットのデータをダンプするperlスクリプトです。

このスクリプトはメーラ、アーカイバ、Mac OS X、Netatalkなどが生成する様々なAppleSingle/AppleDoubleデータをダンプできます。

FILE|DIRがない、またはFILE|DIRが「-」であるとき、標準入力を読み込みます。

オプション

-a [FILE|DIR]

これがデフォルトです。FILEまたはDIRのためのAppleSingle/AppleDoubleデータを自動的にダンプします。もしFILEがAppleSingle/AppleDoubleフォーマットでないなら、拡張属性と.AppleDouble/FILE._FILEを探します。もしDIRなら、拡張属性とDIR/.AppleDouble/.Parent._DIRを探します。

-e FILE|DIR

FILEまたはDIRの拡張属性をダンプします。

-f [FILE]

FILEをダンプします。FinderInfoがFileInfoであると仮定します。

-d [FILE]

FILEをダンプします。FinderInfoがDirInfoであると仮定します。

-h, -help, --help

ヘルプを表示してから終了します。

-v, -version, --version

バージョンを表示してから終了します。

注記

FinderInfoがFileInfoなのかDirInfoなのかを検出する方法がありません。デフォルトでは、apple_dumpはそれがファイルなのかディレクトリなのか、親ディレクトリが.AppleDoubleか、ファイル名が._*か、ファイル名が.Parentかなどを調査します。

もしオプション-eまたは-fまたは-dを設定した場合、FinderInfoを仮定し他のデータを探しません。

参照

ad(1), getfattr(1), attr(1), runat(1), getextattr(8), lsextattr(8)