第3章 Netatalk のセットアップ

Eiichirou UDA(日本語訳)

2016 年 7 月 26 日(訳)

目次

ファイルサービス
AFP ファイルサーバーのセットアップ
CNID バックエンド
Charsets/Unicode
認証
ACL のサーポート
ファイルシステム変更イベント
Spotlight
設定
制限と注意
サーバー上での Tracker コマンドラインツールの使用
Tracker コマンドラインのより進んだ設定
サポートされているメタデータ属性
参考
Netatalk の起動と停止

ファイルサービス

Netatalk は AFP サービスを提供するものである.

AFP ファイルサーバーのセットアップ

AFP (Apple Filing Protocol) はアップル・マッキントッシュのファイルサービスに用いるプロトコルである. AFP プロトコルは年を追うごとに進展を見せ,最新の変更は OS X Lion (10.7) のマイナーリリースにあわせて加えられた "AFP 3.4" である.

afpd デーモンはアップルのクライアントに対してファイルサービスを提供する.唯一必要な設定ファイルは afp.conf のみで,"ini" スタイルの構文で記述する.

Spotlight サポートは Netatalk 3.1 より加えられた.Spotlight をサポートした Netatalk を コンパイルするための情報はこのを参照のこと.

Mac OS X 10.5 (Leopard) で,AFP 経由での Time Machine バックアップがサポートされるようになった. 二つの新機能で,バックアップをただサーバーのキャッシュにではなく, 動作中のディスクに書き込むことを確実にしている.ホストのオペレーティングシステムが異なると, このキャッシュをフラッシュする払い出し方も異なる.ヴォリュームを作成するために, Time Machine ターゲットのボリューム作成にはボリュームオプション "time machine = yes" を使用する.

Netatalk 2.1 以降では UNIX シンボリックリンクをサーバー上で使うことができる.セマンティクスは例えば NFS と同じである, すなわち,Netatalk はサーバー側でシンボリックリンクを追わないが, 代わりにクライアント側でシンボリックリンクを解決できるよう完全に転送して, 結果としてクライアントのファイルシステムのビュー内でしかるべき場所を示すリンクとなる.

afp.conf

afp.conf は,AFP ファイルサーバー及び提供する AFP ボリュームの挙動と設定を決定するために afpd が使用する設定ファイルである.

afp.conf は複数のサーバーセクションに分割できる.すなわち:

[Global]

グローバルセクションで基本的なサーバーオプションを定義する

[Homes]

ホームセクションでユーザーのホームボリュームを定義する

Global とも Homes,とも呼ばれないセクションは単なる一つの AFP ボリュームであると解釈される

Homes を定義してユーザーのホームディレクトリを共有するために, basedir regex オプションを明記しなければならない. これは全てのユーザーのホームの親ディレクトリのパスあるいは正規表現からなる単純な文字列でよい.

例:

[Homes]
basedir regex = /home

この場合,AFP サーバーにログインできるユーザーはそれぞれ /home/(ユーザー名) というパス名でのユーザーボリュームを使用できる.

より複雑なセットアップで,例えば二つの異なったファイルシステムにわたって分割された, 大量のユーザーホームディレクトリーのあるサーバーなら:

  • /RAID1/homes

  • /RAID2/morehomes

以下の設定が必要である:

[Homes]
basedir regex = /RAID./.*homes

もし,basedir regex にシンボリックリンクが含まれる場合, 正規化された絶対パスを指定すべきである.つまり,パス /home から /usr/home にシンボリックリンクがはられていた場合:

[Homes]
basedir regex = /usr/home

他の使用できるオプションの詳細な解説については afp.conf(5) の man page を参照いただきたい.

CNID バックエンド

SMB や NFS のようなほかのプロトコルとは異なり,ほとんどの場合, AFP プロトコルはファイルやディレクトリをパスではなく ID を通して参照している. (その ID は CNID とも言われ,カタログ・ノード ID (Catalog Node ID) の略である) 典型的には,まず AFP リクエストで,例えば,“サーバーさん id 167 のディレクトリにある, ファイル名 'Test' というのを開いてください.”といった調子でディレクトリ IDとファイル名を用いる. 例えば,Mac での "Aliases" は基本的には ID として作用する(より最近の AFP クライアントでは絶対パスにフォールバックするが, これは Finder のみで当てはまることであり,アプリケーションでは当てはまらない).

AFP ボリュームにある各々のファイルに一意のファイル ID が割り当てられる.仕様により ID は絶対に再利用禁止であり,ID は 32 bit の数字である. (ディレクトリ ID も同じ ID プールを使用する)このため, ある AFP ボリュームにおよそ 40 億個以上のファイル・フォルダーを書き込むと, その時点で ID プールが枯渇され,当該ボリュームへの新ファイルの書き込みができなくなる. 愚痴はなしということでお願いしたい :-)

Netatalk はホストのファイルシステム内で ID とファイルあるいはフォルダーのマップ(ID との対応付け)をする必要がある. それを実現するためにいくつかの異なる CNID バックエンドが用意されていて,afp.conf(5) 設定ファイル内で cnid scheme オプションで選択が可能である.CNID バックエンドは基本的には, ストアされた ID <-> 名前を一対一対応させるデータベースである.

The CNID データベースはデフォルトで /var/netatalk/CNID に置かれる.

CNID データベースの検証・修復・再構築のために用いることができる dbd という名のコマンドが用意されていている.

注記

netatalk で作業する上で,いくつかの CNID に関する点を留意しておかなければならない. すなわち:

  • "vol dbnest = yes" が指定してある時以外はボリュームをネスト(入れ子)にしてはならない.

  • CNID バックエンドはデータベースである. それ故 afpd はファイルサーバーとデータベースの混成物とならしめている.

  • もしファイルシステムに空き容量がなくなった場合,データベースは破損するかもしれない. それを回避するために取る策としては,vol dbpath オプションを使用して, データベースファイルをどこか別の場所に置く,か,クオータを使っているならば CNID データベースフォルダーがクオータなしでユーザー/グループのオーナーとなっているか確認する. のいずれかである.

  • NFS 経由でマウントされているボリュームの CNID データベースには注意すべきである. いずれにしろそのような構成にすると決める事自体かなり無謀である. が,さらにデータベースもその上に置くとなると決定的にトラブルの元となる.要はデータベースの破損である. もしどうしても NFS マウントしたボリュームを使わねばならない場合はデータベースをローカルディスクに置くために vol dbpath ディレクティブを使用するべきである.

cdb

“コンカレント(concurrent:同時進行)データベース”バックエンドは Berkeley DB を基礎としたものである. このバックエンドだと複数の afpd デーモンが CNID データベースに直接アクセスできる. たとえ複数の afpd プロセスがある一つのボリュームに対して動作中の場合でも同期アクセスについては Berkeley DB ロック機構が全て負ってくれる.欠点としては,一つの afpd プロセスのクラッシュのみでデータベースの破損するかもしれないという点である. cdb は数多くのユーザーのホームディレクトリを共有するときのみ使用すべきで, かつ, 多数の cnid_dbd プロセスという状態は確実に問題を引き起こすということである.

dbd

CNID データベースへのアクセスは cnid_dbd デーモンプロセスのみに制限されている. afpd プロセスはデータベースの読み込みと更新のために cnid_dbd デーモン とやりとりをする. データベースが破損する可能性は経験的にはゼロである.

本バックエンドは Netatalk 2.1 以来,デフォルトのバックエンドとなっている.

tdb

tdb はまた別の永続性のある CNID データベースの一つであり, Samba の Trivial Database(軽量データベース)のことでもある. ユーザーボリューム用として cdb の代わりに使用することもできる.

重要

本バックエンドは,いかなる場合でも,共有されてもなく, 複数のクライアントが一度にアクセスすることもない ボリュームにのみ使用すること.

tdb はメモリーにデータを保持するデータベースとして動作できるので, このバックエンドは内部向けに(メモリーにデータを保持する CNID データベースとして), 最初のデータベースが開けない時など,予備として用いることもできる. これはもちろん再起動にすると CNID は失われるということを意味している.

last

last バックエンドはメモリーにデータを保持する tdb データベースである.それ故永続性がない. netatalk 3.0 からは,それは自動的に読み込み専用モードになる. このバックエンドは例えば CD-ROM などに有用である.

mysql

CNID バックエンドは MySQL サーバーを使用する.

Charsets/Unicode

なぜ Unicode?

内部的には,コンピューターは文字(キャラクター)について, テキストについて何も知らない,唯一“数字(数)”ならコンピュータにもわかる. それ故各々の“字”には“数”が割り当てられている.キャラクターセット,しばしば charset あるいは codepage とも呼ばれるが,これは“数”と“字”の一対一対応を規定している.

二つあるいはそれ以上のコンピューターがお互いに通信する必要がある場合, 各々は同じキャラクターセットを使う必要がある.1960 年代には ASCII (American Standard Code for Information Interchange) キャラクターセットが ASA(米国標準協会:the American Standards Association)によって標準化された. オリジナルの ASCII 形式は, 英語で用いられるアルファベット及び数字を網羅するのに十分な数より多い 128 のキャラクターを表している.今日においても, ASCII はコンピューターで使われるキャラクタースキームの標準的なものである.

国際的にもっと都合よく,そして若干内輪向けの記号文字を含めるために, つづくバージョンでは 256 のキャラクターを規定した. このエンコードの仕様だと一文字はきっちり 1 バイトに収まるが, 明らかに,256 キャラクターというのは, いろいろな言語で用いる全ての文字を一つのキャラクターに一対一対応させるのに依然十分ではなかった.

結果的には後にローカライズされたキャラクターセットが規定された. 例えば ISO-8859 キャラクターセットである. ほとんどのオペレーティングシステムベンダーは自らの要求を満たすために, 独自のキャラクターセットを導入した.すなわち IBM であれば コードページ 437 (DOSLatinUS),アップルは MacRoman コードページ,などである. 127 以上のキャラクターが定義されているものを拡張 キャラクターと呼ぶ. これらのキャラクターセットは異なるキャラクターに同じ番号をふってあるので, 他のキャラクターセットとまたはキャラクターセット同士で衝突を起こす.

そういったキャラクターセットのほぼ全てが 256 個のキャラクターを定義していて, 最初の 128 個(0 から 127 まで)のキャラクターを ASCII と同一対応となるようにしている. 結果的に,違ったコードページを使っているシステム同士の通信では,事実上 ASCII キャラクターセット限定となった.

この問題を新たに解決するために,より大きいキャラクターセットが規定された. より多くのキャラクターマッピングの場所を確保するために, これらのキャラクターセットは一つのキャラクターの格納のために最低でも 2 バイトを使用する. このためそういったキャラクターセットはマルチバイト キャラクターセットと呼ばれる.

標準化されたマルチバイトキャラクターエンコード方式として知られているものの一つとして ユニコードがある. マルチバイトキャラクターセット使用の大きな利点として“それ一つで済む”がある. 二つのコンピューターが通信しているときに両者が同じキャラクターセットを使用しているか確認する必要がない.

Apple で使われている(使われていた)キャラクターセット

過去に Apple クライアントは, ネットワーク間の通信のためにシングルバイトのキャラクターセットを使用していた. 年を経るに従い,Apple はいくつものキャラクターセットを定義したが, 欧米ユーザーは MacRoman コードセットを最もよく使用するであろう.

Apple の定義したコードページに含まれるもの:

  • MacArabic, MacFarsi

  • MacCentralEurope

  • MacChineseSimple

  • MacChineseTraditional

  • MacCroation

  • MacCyrillic

  • MacDevanagari

  • MacGreek

  • MacHebrew

  • MacIcelandic

  • MacJapanese

  • MacKorean

  • MacRoman

  • MacRomanian

  • MacThai

  • MacTurkish

Mac OS X 以降そして AFP3 以降では UTF-8 が用いられる.UTF-8 は Unicode キャラクターを ASCII 互換のやり方でエンコードする. 各々の Unicode キャラクターは一個から六個の ASCII キャラクターにエンコードされる. 故に, UTF-8 自体が本当のキャラクターセットなのではなく,ユニコードキャラクターセットのエンコーディングなのである.

厄介なことにも Unicode はいくつかの normalization(正規化) 方式を規定している.Samba はほとんどの Unix ツールも好んで用いる precomposed Unicode を使用する.一方 Apple は decomposed normalization を使うことに決めた.

例として、ドイツ語の文字 'ä' についてみてみる. Precomposed normalization を使えば Unicode はこの文字に 0xE4 を対応付ける. Decomposed normalization では 'ä' を正確には 0x61 と 0x308 の二つの文字に対応付ける. 0x61 は 'a' に,0x308 は COMBINING DIAERESIS(訳注:いわゆるウムラウト)に対応付けられている.

Netatalk では precomposed UTF-8 を UTF8 と,decomposed UTF-8 を UTF8-MAC と呼ぶ.

afpd とキャラクターセット

新しい AFP 3.x クライアントも古い AFP 2.x クライアントも同時にサポートするために, afpd は使われている様々なキャラクターセット間の変換が可能であることを必要とした. AFP 3.x クライアントは常に UTF8-MAC を, AFP 2.x クライアントは Apple コードページのうちの一つを使う.

本稿執筆時点(訳注:原文の)で, netatalk は以下の Apple コードページをサポートしている:

  • MAC_CENTRALEUROPE

  • MAC_CHINESE_SIMP

  • MAC_CHINESE_TRAD

  • MAC_CYRILLIC

  • MAC_GREEK

  • MAC_HEBREW

  • MAC_JAPANESE

  • MAC_KOREAN

  • MAC_ROMAN

  • MAC_TURKISH

afpd は三つの異なるキャラクターセットオプションを扱う:

unix charset

これはオペレーティングシステムの内側で使われているコードページである. もし指定されていなければ,デフォルトで UTF8 になる. もし LOCALE が指定されていて, システムが Unix locales をサポートしていれば,afpd はコードページを検出しようとし, afpd は検出したコードページを使って設定ファイルを読む. なので,ボリューム名やログインメッセージなどに拡張文字を使うことができる. afp.conf(5) を参照のこと.

mac charset

既に述べたように, 旧式の Mac OS クライアント(AFP 2.2 までのもの)は afpd と通信するのにコードページを用いる.しかしながら, AFP プロトコルにはクライアントが使用しているコードページの折り合いをつけるというサポートはない. もしほかのどこかで指定されていないと, afpd は MacRoman コードページが使われていると仮定する. クライアントが別のコードページ, 例えば MacCyrillic を使っていたならば, それを明示的に設定しなければならないだろう. afp.conf(5) を参照のこと.

vol charset

これは afpd がディスク上のファイル名として使うべき charset を定義する. デフォルトでは unix charset と同じである.もし iconv がインストールしてあるならば, iconv が提供するキャラクターセットも使用することができる.

afpd はファイルを unix のファイルシステムに保存する時, 拡張マッキントッシュキャラクター, あるいは unix のファイル名として不正なキャラクターを保持する手段が必要である. 初期のバージョンでは,いわゆる CAP エンコーディングを使った.拡張キャラクター (>0x7F) は :xx の 16 進数に変換される.例えば,アップルのロゴ (MacRoman: 0xF0) は :f0 として保存される. いくつかの特殊なキャラクターも :xx という表記に変換される. '/' は :2f にエンコードされる. もし, usedots オプションが設定されていなければ, 先頭のピリオド '.' は :2e にエンコードされる.

本ドキュメントでのバージョンではファイル名のデフォルトエンコーディングとして UTF8 を使っているにもかかわらず,'/' は ':' に変換される. 欧米のユーザーにとって別の有用な設定として vol charset = ISO-8859-15 もあり得る.

もし,あるキャラクターが mac charset から選定した vol charset への変換ができない場合,マック上で -50 エラーを受け取るだろう. 注意: 可能な限り常に,デフォルトの UTF8 ボリュームフォーマットにしてください. afp.conf(5) を参照のこと.

認証

AFP 認証の基本

Apple は AFP クライアントとサーバー間の認証のために "User Authentication Modules" (UAM) と呼ばれる柔軟なモデルを選んだ. AFP クライアントがまず最初に AFP サーバーと接続するとき, サーバーが提供している UAM のリストを問い合わせる. そして,クライアントがサポートしている最も強い暗号化の UAM を選ぶ.

数個の UAM は時間をかけて Apple が開発してものであり, サードパーティの開発者によるものもある.

Netatalk でサポートされている UAM

Netatalk はデフォルトで以下のものをサポートしている:

  • "No User Authent" UAM(ユーザー認証なしのゲスト接続)

  • "Cleartxt Passwrd" UAM(クリアテキスト(平文)パスワード,暗号化なし)

  • "Randnum exchange","2-Way Randnum exchange" UAM (乱数交換・双方向乱数交換,弱いパスワード暗号化,パスワードを別途保存する)

  • "DHCAST128" UAM(より強いパスワード暗号化)

  • "DHX2" UAM(DHCAST128 の後継版)

他にもオプションとして以下のような UAM がある:

  • "PGPuam 1.0" UAM(Mac OS X 以前のクライアント用,PGP ベースの認証. これを動作させようとするには PGPuam クライアントも別途必要である.

    この UAM を有効にするためには,configure オプションに "--enable-pgp-uam" を追加しなければならない.

  • "Kerberos IV"/"AFS Kerberos" UAM ( Kerberos v4 ベースの認証で AFS ファイルサーバーを使用するのに適している)

    この UAM を有効化するにはコンパイル時点で "--enable-krb4-uam" オプションを使用する.

  • "Client Krb v2" UAM (Kerberos V,OS X で“シングルサインオン”環境には最も適当である――下記参照)

    "--enable-krbV-uam" オプションでこの UAM を使用できるようになるであろう.

"uam list" を Global セクションで定義することによって,どの UAM を有効化すべきか設定できる. afpd はどの UAM を使っているのか, UAM を有効化した時に問題が起こっているのかどうかを, netatalk.log あるいは起動時の syslog にログとして保存する. asip-status.pl(1) も AFP サーバーで有効な UAM の問い合わせをするのに使うことができる.

ある特定の UAM がサーバー上で有効であるということが,直ちに, クライアントもそれを使うことができるということを意味するわけではない. クライアント側でのサポートもまた必要である. Mac OS X 以前が使われている古いマッキントッシュでも, DHCAST128 のサポートは AppleShare クライアント 3.8.x 以降には存在している.

OS X では, AFP クライアントをもっと冗長にするクライアント側のテクニックがいくつかあるので, 使用する UAM と折り合いをつけるまでに何が起こっているのか見ることができる.このヒント と比較してみるとよい.

どの UAM を有効にすべきか?

第一義的には“何が必要か”と “サポートしようと考えている MAC OS のバージョンの種類”に依存する. 基本的にはそのパスワード暗号化の強力さから, 可能な限り DHCAST128 および DHX2 を試すべきである.

  • サーバーのボリュームに本当にゲストアクセスを供することが必要な場合以外は, "No User Authent" が無効化されているか確認すべきである. さもないと,意図しない権限のないアクセスを引き起こすことにもなる. ゲストアクセスを有効にしなければならない場合は, アクセスコントロールを使って, ボリューム各々についてゲストアクセスを有効化することを強制するように気を配るべきである.

  • "ClearTxt Passwrd" UAM ではパスワードがネットワーク上を暗号化されずに伝わっていくので, 字句そのまんまに良くない. クライアント側のみならずサーバー側でも無効にするよう務めるべきである. 注意:もし NetBoot サービスを使用している Mac OS 8/9 にサービスを提供したい場合, cleartext.so の UAM が必要となる. これはそういった Mac のファームウエアに組み込まれた AFP クライアントがこうした基本的な形の認証しか扱わないためである.

  • "Randnum exchange" と "2-Way Randnum exchange" は 56 ビット DES 暗号化しか使わないので, これらもやはり回避すべきである. そしてなおかつ不利なのは,パスワードがサーバーに平文テキストとして保存されなければならないこと, および PAM 環境とも古典的な /etc/shadow とも統合がとれない (もしクライアントがこれらの UAM を使わなければならない場合,afppasswd(1) ユーティリティを使って別途パスワードを管理しなければならない)という点である.

  • "DHCAST128" あるいは "DHX2" は PAM との統合と強力な暗号化とが組み合わせられているので, ほとんどの人々にとって良い妥協案であろう.

  • Kerberos V ("Client Krb v2") UAM を用いれば, Kerberos チケットを用いて真のシングルサインオン環境を実装することが可能である. パスワードがネットワークを通して送られることもない. その代わり,ユーザーのパスワードは appleshare サーバーへのサービスチケットを暗号から復号するのに用いられる. サービスチケットにはクライアントの暗号鍵と幾らかの暗号化されたデータが含まれる (それは appleshare サーバーだけが復号できる). サービスチケットの暗号化された部分がサーバーに送られ,ユーザーを認証するのに使われる. afpd サービスプリンシパル検知の実装の仕方のために,この認証方法は中間者攻撃に対して脆弱である.

様々な UAM の技術的実装についてのより詳細な概要については,Apple の File Server Security ページを見ていただきたい.

特定の UAM で別の認証ソースを使う

いくつかの UAM は別の認証“バックエンド”を使えるようにしてある. いわゆる uams_cleartext.souams_dhx.so 及び uams_dhx2.soである.これらは /etc/passwd (/etc/shadow) からの古典的 Unix パスワードでも, システムがサポートしていれば PAM でもどちらでも使うことができる. uams_cleartext.souams_passwd.so ないしは uams_pam.so へのシンボリックリンクとして, uams_dhx.souams_dhx_passwd.so ないしは uams_dhx_pam.so へのシンボリックリンクとして,さらには uams_dhx2.souams_dhx2_passwd.so ないしは uams_dhx2_pam.soへのシンボリックリンクとすることができる.

なので,もし Netatalk の UAM フォルダー(デフォルトで /etc/netatalk/uams/)が以下のようであれば:

uams_clrtxt.so -> uams_pam.so
uams_dhx.so -> uams_dhx_pam.so
uams_dhx2.so -> uams_dhx2_pam.so

PAM さもなくば古典的な Unix パスワードを使用しているわけである. PAM を使用することで最も有利なのは, 例えば LDAP 経由,あるいは NIS 経由などの集約した認証環境に Netatalk を統合できることである. そのような環境でのユーザーのログイン資格情報 (credentials) の保護は, UAM そのものが供している暗号化の強さにもまた依存している. ということを常に念頭においていただきたい. なので,"ClearTxt Passwrd" や "Randnum exchange" のような弱い UAM をネットワーク上から 完全に除去することを考えるべきである.

Netatalk UAM を概要表

最も一般的に用いられる UAM の概観.

表3.1 Netatalk UAM 概観

UAMNo User AuthentCleartxt Passwrd(2-Way) Randnum exchangeDHCAST128DHX2Client Krb v2
パスワード長ゲストアクセス最大 8 文字最大 8 文字最大 64 文字最大 256 文字Kerberos チケット
サポートするクライアント全ての Mac OS のバージョンで組み込み済10.0 を除く全ての Mac OS のバージョンで組み込み済. 最近のバージョンでは明示的にアクティブ化する必要がある.ほとんど全ての Mac OS のバージョンで組み込み済AppleShare クライアント 3.8.4 より組み込み済で, 3.8.3 では Mac OS X の AFP クライアントに統合したプラグインとしての用意あり.Mac OS X 10.2 より組み込み済Mac OS X 10.2 より組み込み済
暗号化クライアント・サーバー間で認証なくゲストアクセス可能.パスワードがネットワーク上を暗号化されずに伝わっていく. 字句そのままに悪いので,可能ならば全面的に使用を回避すべき (注意:NetBoot サービスの提供には ClearTxt UAM が必要)DES, 56 ビットに相当する 8 バイトの乱数がネットワーク上に送出. オフラインの辞書攻撃に対して脆弱. パスワードがサーバー上で平文であることが求められる.パスワードは 128 ビット SSL で暗号化され, ユーザーはサーバーに認証されるが,“逆もまた真”ではない. このため中間者攻撃に対して弱い.パスワードは libgcrypt の CAST 128,CBC モードを用いて暗号化される. ユーザーはサーバーに認証されるが,“逆もまた真”ではない. このため中間者攻撃に対して弱い.パスワードがネットワークを通して送られることがない. サービスプリンシパル検知の方法が原因で, この認証方法は中間者攻撃に対して脆弱である.
サーバーがサポートする共有オブジェクト uams_guest.souams_cleartxt.souams_randnum.souams_dhx.souams_dhx2.souams_gss.so
パスワードの保管方法なし/etc/passwd (/etc/shadow) ないしは PAM パスワードは別のテキストファイルに平文として保存される /etc/passwd (/etc/shadow) ないしは PAM/etc/passwd (/etc/shadow) ないしは PAMKerberos キー配布センター*

* Kerberos 概要 も一読のこと

SSH トンネリング

トンネリングや VPN のたぐいのもの全ては, AFP 認証や UAM に関してすべきことは概ね皆無である. しかしながらアップルが「SSHを用いて安全な接続を可能にする」というオプションを導入して以来, 多数の人が両者について混乱する傾向にある.以下ではその点についても述べる.

手動で AFP セッションをトンネリング

これは, "AFP over TCP" を“話すことができる”最初の AFP サーバーがネットワークに登場して以来うまく動作する. リモートサーバーの AFP ポートをローカルの 548 番以外の異なるポートにトンネルし, その後ローカルでこのポートににつなげるだけである.OS X では以下のようにすればよい.

ssh -l $USER $SERVER -L 10548:127.0.0.1:548 sleep 3000

トンネルを確立したならば, “サーバーに接続”ダイアログで "afp://127.0.0.1:10548" を使うことができる. ローカルの AFP クライアントは Mac のローカル 10548 番ポートに接続し, そのポートは SSH を通してリモートサーバーの AFP ポート(デフォルトでは 548 番を使う)に転送されているので, 端緒の接続試行も含めて全ての AFP トラフィックがネットワークを暗号化されて送られる.

この手のトンネルは,もし,“真の” VPN を使えないが,インターネットを通じて, 弱い認証機構しかない AFP サーバーにアクセスしなければならない場合の理想的な解決手段である. ssh の "-C" オプションでデータ圧縮が可能であり, トンネルの端点を AFP クライアント,サーバーどちらとも異なるようにすることが可能である (詳細については SSH のドキュメントと比較してほしい)という点に留意すべきである.

自動的にトンネル AFP 接続を確立する

Apple は Mac OS X 10.2 から 10.4 で, 「サーバーに接続」ダイアログに 「SSHを用いて安全な接続を可能にする」チェックボックスを追加した. この考えの裏にあるのは:サーバーが SSH で接続できるというサインを出した時, Mac OS X の AFP クライアントはトンネルを確立しようとし, 自動的に全ての AFP トラフィックをこのトンネルを通して送る.ということなのである.

しかし,この機能が初めて…部分的に, 動作するようになるのに Mac OS X 10.3 までかかった. SSH トンネルが確立できない時, AFP クライアントは何の通知もなく暗号化していない AFP 接続試行にフォールバックした.

"advertise ssh" および "fqdn" オプション両方を Global セクションで設定(設定を変更したら,afpd を再起動した後 asip-status.pl(1) で二重チェックするべき)した時は, SSH トンネルした AFP リクエストの扱いが可能であることを Netatalk の afpd はレポートする. しかし,このオプションを決して使用したくなくなる2,3の理由がある:

  • (SSH がするように)TCP over TCP のトンネリングは最良の案ではない. IP レイヤーに基づいた VPN などのより良い解決法が存在する.

  • このように SSH でその場をしのぐことは AFP 認証機構に直接統合された通常の UAM ではないし, 代わりにこの方法では, トンネルの確立を試行 できるのかどうなのかのサインをクライアントに送るために, 単一のフラグを用いる. このため,何かがおかしい時に何が起こっているのかを見ようとする気を失ってしまう.

  • 全ての接続試行は localhost から行われているように見えるので, macusers のような Netatalk ツールによって, どのマシンがログオンしているのか制御ができない.

  • 一方,AFP セッション全てが SSH で暗号化されていることを確実にしたい場合は, afpd へのアクセスを localhost のみ(TCP ラッパー)に制限すべきである. あるいは…

  • …10.2 から 10.3.3 を使っている場合は,予想とは逆に: トンネルの確立に失敗したという通知一つもなく, ネットワーク上で暗号化されていない AFP の通信(ログイン資格情報を含む)が起こりえるということである. Apple は Mac OS X 10.3.4 になってそれをはじめて修正した.

  • SSH 経由で全ての AFP セッションを暗号化するることは, Netatalk サーバーの負荷の著しい上昇を招く可能性がある

ACL のサーポート

afp の ACL サポートは Solaris の ZFS ACL,派生したプラットフォーム,そして, Linux の POSIX 1e ACL で実装されている.

環境設定

基本的な方式で運用するならば設定することは何もない. Netatalk は ACL をオンザフライで読み込み,そののちいわゆる UARights パーミションビット経由で AFP クライアントに送られる有効なパーミッションを算出する. マック上では,これらのビットを Finder ウィンドウ内のパーミッションと調整するために Finder が使用する. 例:UNIX のモードでは書き込み専用だが ACL がユーザーに書き込み権限を与えているフォルダーは有効な読み書き権限を表示する. 権限のマッピングなしに Finder は読み込み専用アイコンを表示するだろうし, ユーザーはそのフォルダーに書き込みはできないであろう.

デフォルトでは,認証ユーザーに有効なパーミションは UNIX のモードではなく, 前記 UARights の機構のみに対応付けられる. この挙動は設定オプション map acls で修正することができる.

しかしながら,Finder の“情報を見る”ウィンドウでもターミナルでも, ACL を見ることは不可能で,そこで見ているのは OS X で ACL がどのように設計されたのかという結果である. もしクライアント上でも ACL を表示させたいと思うならば,諸々を認証ドメイン(ディレクトリサービス, 例えば,LDAP やOpenDirectory)の一部と,より内包されているようにして, クライアント側でもサーバー側でもセットアップをおこなうべきである. その理由は,OS X ACL が ただ,uid と gid だけでなく UUID と紐付いているためである. このため,afpd は全てのファイルシステムの uid と git を UUID に紐付けできなければならない. そうすれば, afpd は OS X の UUID に紐付けた UNIX uid と gid も含めたサーバー側の ACL を返すことができる.

Netatalk は LDAP クエリーを使ってディレクトリサーバーに問い合わせができる. ディレクトリサーバー(Active Directory,Open Directory)が既にユーザーとグループの UUID 属性を提供している. あるいはディレクトリサーバー(例えば OpenLDAP)に使用されていない属性を再利用する(あるいは新たに追加する)のいずれかである.

より踏み込むと:

  1. ZFS を使っている Solarisの ZFS ボリュームごとに対して,

    Netatalk を使用したいと思っているあらゆるボリュームを ZFS ACL がわかるように構成すべきである:

    aclinherit = passthrough
    aclmode = passthrough

    このひとひねりが何をするのか,どのように適用するのか,についての説明は, ホストの ZFS ドキュメンテーション(例えば man zfs)を確認のこと.

  2. 認証ドメイン

    サーバーとクライアントがセキュリティ連携の一部となっていて, ユーザー id データは共通のソースから出てこなければならない. Darwin の ACL は UUID に基づいている. なので,AFP 3.2 での ACL の仕様は Darwin の ACL である. 故に id データのソースは全てのユーザーとグループの属性を提供できなければならない. ここで UUID は ASCII テキストとして保管されている.言い換えれば:

    • UUID を何らかの属性に保管している場合は Open Directory サーバーないしは LDAP サーバーが必要である.

    • クライアントはこのサーバーを使用するように構成されていなければならない.

    • サーバーは nsswitch と PAM 経由で使用されるよう構成しなければならない.

    • Netatalk が LDAP 検索クエリでユーザーとグループの UUID を引き出せるように, afp.conf 内で ACL 専用のオプションを使って Netatalk を設定しなければならない.

OS X の ACL

アクセス制御リスト (ACL) と共に, Mac OS X は正統的な UNIX のパーミッションモデルの有力な拡張を提案した. ACL は, 所定のユーザーあるいはグループのパーミッションのセットを明示的に許可したり拒否するアクセス制御エントリー (ACE) の番号つきリストである.

ユーザー ID,またはグループ ID と紐付いている UNIX パーミッションとは異なり, ACL は UUID と紐付いている.この理由により,あるオブジェクトの ACL にアクセスすると, サーバーとクライアントは,UUID と ユーザー/グループ ID 間の変換をしてくれる, 共通のディレクトリサービスを使うことを要求される.

ACL と UNIX のパーミションの相互関係は比較的シンプルなものである. ACL はオプションなので,UNIX パーミションはアクセス制御のデフォルトのメカニズムの役割をする. オブジェクトの UNIX パーミションを変更しても ACL は手付かずのままで, ACL の修正でもオブジェクトの UNIX パーミションは決して変更されない.アクセスチェックの間, OS X は最初に以下の順序で ACE の評価をして,オブジェクトの ACL を検査する: 全てのリクエスト権限が許可されるまで,リクエストされた権限が ACE によって明示的に拒否された, あるいはリストの最後までたどり着いた.である.ACL がない, あるいは ACL に許可されたパーミションがリクエストを実行するのに十分でない場合, OS X は次にオブジェクトの UNIX パーミションの評価に入る. つまり,ACL は常に UNIX のパーミションより優先順位が上位ということである.

ZFS の ACL

ZFS の ACL はほぼ OS X の ACL に匹敵するものである. 両者ともほぼ同一の良い粒度のパーミションと設定の継承が提供されている.

POSIX の ACL

概要

OS X あるいは NFSv4 の ACL と比較すると,Posix ACL は, 伝統的な UNIX パーミションの制限を打開するには異質で汎用性のないアプローチを表現している. 実装は Posix 標準を取り込んだものを基礎としている.

Posix 1003.1e 標準では二つのタイプの ACL を定義している. ファイルとディレクトリは, アクセスチェックのために問い合わせを受けるアクセス ACL を保持することができる. ディレクトリはアクセスチェックには向いていないデフォルトの ACL も保持することができる. デフォルトの ACL 付きでディレクトリの内側に新規オブジェクトが作成された時, デフォルトの ACL はそれがアクセス ACL であるものとして新規オブジェクトに適用される. サブディレクトリは親ディレクトリのデフォルト ACL を継承する. 継承制御にそれ以上のメカニズムは何もない.

設計上,Posix ACL と OS X 間の違いに含まれている特筆すべき点は:

  • パーミションモデルは何も細分化されていない. UNIX のパーミション同様,Posix ACL は読み込み,書き込み,そして実行権限を区別している.

  • ACL 内のエントリーに順序はない.

  • Posix ACL は権限を許可することしかできない. エントリーから権限を明示的に拒否する手立てはない.

  • UNIX パーミションは特別なエントリーとして ACL に統合されている.

Posix 1003.1e は 6 つの異なるタイプの ACL エントリーを定義している. 前半の 3 つは標準の UNIX パーミションを統合するのに用いられている. これらは ACL として最小限の形であり,存在することは必須であり, そして各々のタイプにつきたった一つのエントリーだけが ACL 内に許される.

  • ACL_USER_OBJ:所有ユーザー(オーナー)のアクセス権限.

  • ACL_GROUP_OBJ:所有グループ(オーナーグループ)のアクセス権限.

  • ACL_OTHER:あらゆるユーザー・グループに対するアクセス権限.

残りのエントリーのタイプは伝統的パーミションモデルの拡張である:

  • ACL_USER:あるユーザーに対するアクセス権を許可する.

  • ACL_GROUP:あるグループに対するアクセス権を許可する.

  • ACL_MASK:ACL_GROUP_OBJ,ACL_USER および ACL_GROUP タイプのエントリーで許可されうるアクセス権の最大値を制限する.名前の示すように, このエントリーはマスクとして働く.一つの ACL あたり一個だけの ACL_MASK エントリーが許される. もし ACL に,ACL_USER ないしは ACL_GROUP エントリーが含まれているのであれば, ACL_MASK エントリーも存在しなければならない.さもなくば,ACL_MASK はオプションである.

ACL を意識していないアプリケーションとの互換性を維持のため, Posix 1003.1e は,オブジェクトの UNIX パーミションを検索したり処理するシステムコールやユーティリティーのセマンティクスを変える. オブジェクトが必要最低限の ACL のみ保持している場合, UNIX パーミションのグループパーミションビットは ACL_GROUP_OBJ エントリーの値に対応する.

しかしながら,もし ACL に ACL_MASK エントリーが含まれている場合, 上記システムコールやユーティリティーの挙動は異なるものとなる. UNIX パーミションのグループパーミションビットは ACL_MASK エントリーの値に対応する, すなわち,"chmod g-w" の呼び出しは,グループに対する書き込みアクセスを無効にするだけでなく, ACL_USER ないしは ACL_GROUP エントリーによって許可されていた書き込みアクセスのエンティティ全てを無効にするのである.

POSIX ACL から OSX の ACL へのマッピング

クライアントがオブジェクトの ACL を読み込もうとした時, afpd は Posix ACL からそれに等価な OS X の ACL にマップする. オブジェクトの ACL の書き込みには afpd が OS X の ACL を Posix ACL にマップすることが要求される. Posix ACL の設計上の制約から, マッピングを経た結果がオリジナルの ACL のセマンティクスと概ね同じになるような正確なマッピングを見出すことは通常不可能である.

  • afpd はパーミション一式を拒否したエントリーを通告なしに破棄する. これは Posix の設計では表現する手立てがないためである.

  • Posix ACL ではエントリーが順序付きではないので,順序を保管するのは不可能である.

  • 継承制御もまた厳しい制限を受けやすい:

    • only_inherit フラグが設定されたエントリーはディレクトリのデフォルト ACL の一部にしかならない.

    • 少なくとも file_inherit,directory_inherit ないしは limit_inherit のうち一つが設定されたエントリーはディレクトリアクセスとデフォルト ACL の一部分となる. しかし継承に課せられた制約は無視される.

  • Posix 側により細分化されたパーミションモデルがないことで, 結果としては通常は許可されるパーミションが増えるという結果になる.

OS X クライアントは Posix 1003.1e 特有の UNIX パーミションと ACL_MASK との関係を意識していないので, afpd は互換性問題を回避するためにこの機能をクライアントに公開せず, そして afpd は *unix パーミションと ACL をアップルの AFP 用リファレンス実装がするのと同じ方法で扱う. オブジェクトの UNIX パーミションがリクエストされた時,afpd は適切なグループ権限を算出し, FPUnixPrivs 構造の "permissions" と "ua_permissions" 要素を介し,オーナーおよび全ての者のアクセス権限も共に付して,リクエストした側に結果を返す. (Apple Filing Protocol Reference の 181 ページ参照) オブジェクトのパーミションを変更すると,afpd は常に ACL_USER_OBJ,ACL_GROUP_OBJ および ACL_OTHERS を更新する. もし ACL_MASK エントリーも存在すれば,新しいグループの権限が有効になり,かつ, 既存の ACL_USER あるいは ACL_GROUP 型のエントリーは手付かずになるような ACL_MASK の値の再計算を afpd が行う.

ファイルシステム変更イベント

Netatalk には素敵なファイルシステム変更イベント機構が含まれている.ここで, afpd プロセスは,なにがしかのファイルシステムイベントについて,関心を寄せているリスナーに, UDP ネットワークデータグラム経由で通知する.

この UDP パケットのフォーマットについて,また, これらをリスナー内でどのように使用するかのデモを試してみる C アプリケーションの実例については, Netatalk のソースファイル bin/misc/fce.c に目を通していただきたい.

現在サポートされている FCE (ファイルシステム変更イベント:Filesystem Change Events)は以下である:

  • ファイル変更:file modification (fmod)

  • ファイル削除:file deletion (fdel)

  • ディレクトリ削除:directory deletion (ddel)

  • ファイル作成:file creation (fcre)

  • ディレクトリ削除:directory deletion (ddel)

利用可能で基本的な設定オプションの詳細については afp.conf に目を通していただきたい.

Spotlight

バージョン 3.1 から,Netatalk は Spotlight 検索をサポートしている. Netatalk はメタデータの保存,インデックス化およびサーチエンジンに Gnome Tracker を用いる.

設定

spotlight オプションを使って, グローバルで,あるいは,ボリューム単位ごとに Spotlight とインデックス化を有効にできる.

警告

一旦 Spotlight をどこか単一のボリュームで有効にすると, Spotlight が無効にされたことになるその他全てのボリュームでは全く検索できないようになる.

The dbus-daemon バイナリは Spotlight 機能のためにインストールしなければならない. dbus-daemon へのパスは "configure" の --with-dbus-daemon オプションで決定する.

dbus-daemon バイナリが,他のパスにインストールされている場合, パスを指示するためにグローバルオプション dbus daemon を用いなければならない. 例えば Solaris 上で OpenCSW 由来の Tracker を用いている場合は以下のようにする:

dbus daemon = /opt/csw/bin/dbus-daemon

制限と注意

  • 大きいファイルシステム

    Linux 上の Tracker はファイルシステム変更の追跡に inotify カーネルファイルシステム変更イベント API を使用する.大きなファイルシステムではこれが問題になりやすい. なぜなら,この inotofy API は再帰的ディレクトリ監視を提供してはおらず, 代わりにあらゆるサブディレクトリの監視が各々で追加されなければならないということを要求してくるからである.

    Solaris ではファイルイベント通知(FEN: File Event Notification) が用いられる. この Solaris のサブシステムではどんな制限とリソース消費があるのか不明である.

    それ故,ライブでのファイルシステム監視は無効にして, その代わりに定期的に Tracker にファイルシステム変更のスキャンを行わせることを推奨する. 下記 Tracker オプション,enable-monitors および crawling-interval を参照のこと.

サーバー上での Tracker コマンドラインツールの使用

Netatalk は動作中でなければならず,コマンドの実行は root 権限で行わなければならない. そしていくつかの環境変数を設定されなければならない(PREFIX は Netatalk をインストールしたベースディレクトリにあわせて読み替える):

$ su
# cat .tracker_profile
PREFIX="/"
export XDG_DATA_HOME="$PREFIX/var/netatalk/"
export XDG_CACHE_HOME="$PREFIX/var/netatalk/"
export DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS="unix:path=$PREFIX/var/netatalk/spotlight.ipc"
# . .tracker_profile
#

OpenCSW の Tracker を使用していたら PATH も以下のように更新する:

# export PATH=/opt/csw/bin:$PATH

Tracker の状態の問い合わせ

最近の Tracker:
# tracker daemon
古い Tracker:
# tracker-control -S

Tracker の停止

最近の Tracker:
# tracker daemon -t
古い Tracker:
# tracker-control -t

Tracker の開始

最近の Tracker:
# tracker daemon -s
古い Tracker:
# tracker-control -s

ディレクトリの再インデックス

最近の Tracker:
# tracker index -f PATH
古い Tracker:
# tracker-control -f PATH

Tracker にファイルやディレクトリの情報を問い合わせる

最近の Tracker:
# tracker info PATH
古い Tracker:
# tracker-info PATH

Tracker で検索

最近の Tracker:
# tracker search QUERY
古い Tracker:
# tracker-search QUERY

Tracker コマンドラインのより進んだ設定

Tracker はその設定を Gnome dconf バックエンド経由で保管し, これ gsettings コマンドで変更できる.

Gnome dconf の設定は各々のユーザーベースである.よって,Netatalk は Tracker プロセスを root 権限で実行するため,設定は root ユーザーのコンテキストで保管され,これら設定の読み込み書き込みも root 権限で行われ,Netatalk はこのとき動作中でなければならない.(そして繰り返しになるが,環境を前記のように設定しなければならない)

# gsettings list-recursively | grep Tracker
org.freedesktop.Tracker.Writeback verbosity 'debug'
...

以下のリストで Tracker の一部重要なオプションおよびそのデフォルト設定について示す.

org.freedesktop.Tracker.Miner.Files index-recursive-directories

このオプションは Tracker がどのディレクトリをインデックス化するかを制御する. 本オプションは Netatalk ボリュームそれぞれの Spotlight オプションの設定を反映して自動的に Netatalk によってセットされるので,手動で変更してはならない.

org.freedesktop.Tracker.Miner.Files enable-monitors true

この値は Tracker が全ての設定パスの変更を監視するかどうかを制御する. ファイルシステムの変更バックエンド(Linux なら FAM,Solaris なら FEN)に依存しているので, この機能は期待するほどの信頼度をもって動作しないかもしれない. それ故,この機能は無効にして代わりに Tracker 自体の定期的なクローリングに頼るほうが安全であろう. オプション crawling-interval も参照のこと.

org.freedesktop.Tracker.Miner.Files crawling-interval -1

ファイルシステムがデータベース上で最新であるかチェックする間隔(日にち単位). 最大は 365 まで,デフォルトでは -1,-2 = クローリングは完全に行われない. -1 = スタートアップ時にクローリングが行われる“はず”(シャットダウンが完全でなかった場合). 0 = 強制的にクローリングされる

サポートされているメタデータ属性

下記表にサポートされている Spotlight メタデータ属性を挙げる.

表3.2 サポートされている Spotlight メタデータ属性

内容Spotlight キー
名前kMDItemDisplayName, kMDItemFSName
ドキュメントの内容(全文検索)kMDItemTextContent
ファイルタイプ_kMDItemGroupId, kMDItemContentTypeTree
ファイル修正日付kMDItemFSContentChangeDate, kMDItemContentModificationDate, kMDItemAttributeChangeDate
ファイルの内容の作成された日付kMDItemContentCreationDate
ファイルの内容の著者・作成者kMDItemAuthors, kMDItemCreator
ファイルが作成された国の名前kMDItemCountry
期間kMDItemDurationSeconds
総ページ数kMDItemNumberOfPages
ドキュメントのタイトルkMDItemTitle
コンテンツの幅(ピクセル):例えば,画像ならばピクセル幅,動画ならばフレームの幅kMDItemPixelWidth
コンテンツの高さ(ピクセル):例えば,画像ならばピクセルでの高さ,動画ならばフレームの高さkMDItemPixelHeight
ドキュメント内コンテンツで使用されている色空間モデルkMDItemColorSpace
サンプルあたりのビット値(訳注:分解能,量子化ビット数,色深度など)kMDItemBitsPerSample
レンズの焦点距離(ミリメートル)kMDItemFocalLength
ISO 感度kMDItemISOSpeed
ドキュメントの向き.許容される値は 0(ランドスケープ:横向き)と 1 (ポートレイト:縦向き)kMDItemOrientation
水平解像度(DPI)kMDItemResolutionWidthDPI
垂直解像度(DPI)kMDItemResolutionHeightDPI
シャッタースピード(秒)kMDItemExposureTimeSeconds
オーディオファイルに含まれている曲の作曲者kMDItemComposer
歌あるいは楽曲の音楽ジャンルkMDItemMusicalGenre

Netatalk の起動と停止

Netatalk の配布物は, いくつかのオペレーティングシステム固有のスタートアップ・スクリプト・テンプレートを備えている. これらテンプレートは,コンパイル前に "configure" スクリプトに与えられるオプションに応じて最適化されている. 現時点で,RedHat(sysv 形式),RedHat(systemd 形式),SUSE(sysv 形式),SUSE(systemd 形式), Debian(sysv 形式),Debian(systemd 形式),Gentoo,NetBSD,および Solaris 向けのテンプレートが用意されている. "configure" スクリプトにシステムタイプを指示することで,どのスタートアップスクリプト を生成してインストールするのか選ぶことができる. スタートアップスクリプトを自動でインストールさせるには, --with-init-style オプションで有効なものを "configure" に加える.

Linux ディストーションの新しいリリースは頻繁に出てくるし, 上記で触れたようなほかのシステムのスタートアップの手続きもまた変わりうる. それ故,盲目的にスタートアップスクリプトをインストールするのではなく, 自分のシステムで動作するであろうかということをまず見てみる,というのがおそらくいい考えである. Linux ディストーションの RPM あるいは BSD のパッケージのような所定のセットアップの一部として使用する場合, 諸々の事は概ねよしなに取り計らわれるだろう. それ故,Netatalk そのものをコンパイルするユーザーには概ね下記のことが当てはまる.

いかなるスタートアップスクリプト機構を使っていても,下記のデーモンは必要である:

  • netatalk

加えて,設定ファイル afp.conf が正しい場所にあるか確認する.